顔にイボができると見た目の問題が生じますが、正しい方法で改善は可能です。自分ではさみで除去する方法は少々荒っぽいため、安全性が高い方法で対処をしていきます。皮膚科などでの相談して治療をすることもできますし、ホームケアとしてスキンケアでの改善も前向きな方法です。

最も安全背が高く確実なのは皮膚科での治療

顔の出来てしまったイボの治し方として、安全性が高いのは皮膚科での治療です。ドラッグストアでも医薬品の市販はありますが、ウイルスが原因であることや、感染の可能性も否定はできないため、自己判断では判断は難しいと言えます。皮膚科では皮膚科医が肌の状態を診察して、本当に必要な治療方法を提案してくれるため、自己判断のような失敗はないです。美容クリニックを受診する場合は、保険適用ではないため、費用面でも確認をする必要があります。いずれにしろ肌のトラブルなので、皮膚科医の判断に治療をゆだねるのが最も安心です。

皮膚科で顔のイボを治療する方法

顔の出来たイボの治し方として皮膚科を利用する場合、大きく3つの治療方法から選ぶことになります。美容皮膚科や美容クリニックといった、美容を目的とした病院であれば、自由診療のレーザー治療がポピュラーな方法です。皮膚疾患の治療ではなく、美しくするための治療になる美容クリニックでは、レーザー治療には保険を使うことはできません。一般の皮膚科であれば保険適用のイボ治療が可能であり、内服薬や液体窒素を使用する治療を受けることができます。費用面では自己負担なので1番高くなるレーザー治療ですが、痛みも少なくて傷跡も残りにくいです。

オイルを使う地道なケアで顔イボを解消する方法

顔の出来てしまったイボの治し方として、地道なケアを毎日繰り返す方法もあります。天然のオイルを使うケアを毎日スキンケアとして使うやり方であり、選ぶオイルとしては、ひまし油や杏仁オイルを利用する方法です。重曹とひまし油を混ぜ合わせるとカソーダとなり、カソーダを気になる患部に塗ることで、脂肪酸が働いてピーリング効果を得ることができます。ひまし油のもつピーリング作用は、皮膚の滞りがち肌サイクルを、正常なサイクルへと変えてくれるので、イボ改善にも大活躍です。杏仁オイルにはリノール酸が豊富であり、角化症を防いでくれる働きがあります。

まとめ

顔にイボができると目立ちますが、皮膚科の治療やスキンケアで改善は可能です。ウイルスなどが関わることもあるので、皮膚科で肌の状態を診察してもらい、治療方法の提案を受けるのは安心できます。天然素材のオイルを使うスキンケアも肌に優しく、時間をかけて改善できる方法です。