年齢を重ねるとともに、顔や首などにたくさんできてくるイボがあります。触るとポツポツとした手触りが感じられますし、茶色い色をしているので、目元や首元で目立ってしまうのが悩みです。これらのイボを、外用薬で治すにはどうしたらいいのか考えてみます。

紫外線は多くの肌トラブルの根源

紫外線を長時間、あるいは大量に浴び続けると、肌は硬くなり、シミやそばかすなどの悩みが出てきます。シワも肌を固くするという点において、紫外線によるダメージといえます。そんな紫外線によるダメージのひとつに、脂漏性角化症というのがあります。名前を聞いただけではわかりにくいですが、年齢と共に増えてくる目の周りや首にたくさんできてくるポツポツしたイボというと、30代以上の女性ならすぐにわかるでしょう。紫外線対策がしっかりできておらず、ダメージが大きければ、20代といった若い世代にもできる油断ならない皮膚トラブルです。

剥がれ落ちきれなかった古い角質も影響

脂漏性角化症という名が示すように、このポツポツしたイボは、紫外線によるダメージとともに古い角質も影響しています。新陳代謝が活発であれば、古い角質はターンオーバーによって剥がれ落ちますが、年齢を重ねるとこのターンオーバーに時間がかかるようになります。さらに古い角質をしっかり落とせずに肌に残ったままになると、それに紫外線が当たり、固く固まってしまうのです。これが首や顔にできたポツポツ、脂漏性角化症の正体です。そうなると、肌のターンオーバーを促してやれば、古くなった角質を排出することができるのではないかと思われます。それに効果的な外用薬が、イボ取りにはヨクイニンとしておなじみの、ヨクイニンエキスを配合した外用薬です。

イボの治し方は数々あれど、根気よく行うなら

イボの治し方にはいくつか方法がありますが、ヨクイニンエキスが入った外用薬を毎日塗る粘り強い治し方は、まず最初に取り掛かる方法です。ヨクイニンエキスが入った外用薬を塗ることによって、固くなった角質を柔らかくほぐし、ほぐれたところをターンオーバー作用によって追い出すのが目標です。時間はかかりますが、うまくほぐすことができ、ターンオーバーの流れに乗れれば、ある日、ぽろりと取れることも珍しくありません。外用薬は、外科的な治し方に抵抗がある人に最適で、気が付けばイボが小さくなっていた、あるいは取れたといった体験をすることができるでしょう。

まとめ

外科的処置で一気に取ってしまう治し方もありますが、毎日コツコツと外用薬を塗り、後は肌の力に任せるという方法もあります。外科処置はハードルが高いと感じるなら、まずは外用薬による治し方にトライし、経緯を観察するのがいいのではないかと思われます。