30代から、50代の女性は、イボの治し方を知っておきたい人が増えています。美容皮膚科のクリニックでは、冷凍した液体窒素を使って、皮膚の組織を壊死させることができます。難治性の場合は、炭酸ガスレーザーがお勧めです。

液体窒素の治療は、大変ポピュラーです

30代から、50代ぐらいの女性は、皮膚のターンオーバーが遅れがちになり、古い角質粒が出来やすくなります。首や顔、胸元などの目立つ部分にイボが出来てしまい、お肌の露出を避けている人も少なくありません。美容皮膚科のクリニックでは、液体窒素による治し方を行っています。液体窒素による治し方は、マイナス190度前後に冷凍した液体窒素を、綿棒で付けることで、皮膚の組織を壊死させることができます。水ぶくれや内出血が見られる場合もありますが、少しずつお肌の調子が整ってきます。美容皮膚科では、大変ポピュラーなイボの治し方です。

基本的には、保険適用が受けられます

液体窒素によるイボの治療は、基本的に保険適用が受けられます。多少の痛みはありますが、費用を抑えたい人にお勧めの方法です。加齢と共にイボが増えてきて悩んでいる人は、医師の診察を受けて、適切な治療法を提案してもらうことが大事です。顔や首、胸などの目立つ部分に大きめのイボがあると、液体窒素の治療では、効果が出にくいケースもあります。美容皮膚科のクリニックでは、炭酸ガスレーザーによる最新の治療も受けられます。麻酔を行うので、痛みが少なく、体への負担が少ないのが特徴です。イボの目立つ部分にレーザーを照射します。

難治性の場合は、炭酸ガスレーザーによる治療

炭酸ガスレーザーによる治療は、基本的には保険適用外になっているので、お値段は高めになっています。イボの量が多かったり、難治性のタイプで悩んでいる人にお勧めです。美容皮膚科のクリニックでは、高い技術を持った医師が在籍をしているので、安全性の高い施術を心掛けています。液体窒素の治療で効果が出にくい人にお勧めです。液体窒素の治療は、色素沈着が起きやすいなどの欠点がありますが、炭酸ガスレーザーは、色素沈着が起きにくいなどのメリットがあります。どちらの方法にも、メリットとデメリットがあるので、じっくりと検討して下さい。

まとめ

30代から、50代の人は、首や胸元などに角質粒が出来やすく、イボに悩んでいる人が増えています。美容皮膚科のクリニックでは、マイナス190度前後に冷凍した液体窒素の治療がポピュラーになっています。保険適用が受けられます。