イボには良性のものと悪性のものがあります。良性のものなら自分自身への害はもちろん、他人への影響もありません。しかし悪性のものだと自分だけではなく他人に感染させてしまう危険性もあるので治療が必要でしょう。

良性のイボとはどのようなものか

良性のイボは、いわゆる老化や遺伝が原因でできたものです。首や顔などの角質が薄い部位にできやすく、他人にうつることはありません。平たかったり、隆起していたり形状は様々で、自然に治るものもありますが、老化が原因なので放置すると増加することもあります。ただ、露出する部位なので見た目の問題から若い人ほど困るという方は大勢います。市販薬がありますし、保湿を心がけるスキンケアで対処することが可能です。しかし、首や顔にできるものが必ず良性とは限らないので、ケアをしてもなかなか治らない場合は医療機関を受診しましょう。

悪性のイボとはどのようなものか

悪性のイボは、ウイルスが原因でできるものです。100種以上もあるヒトパピローマウイルスに感染することで発症します。小さな傷口から感染し、ウイルスが増殖して自分の皮膚から皮膚へうつり増えることがあります。また、免疫力が低下している人が感染者が触れたものに触るまたは感染者と直接接触することでうつりやすくなるため、ドアノブ、タオルの共有、プール、性行為などに気を付けなくてはなりません。特に痛みなどは感じないので放置しがちですが、増加はもちろん肥大していくため早めに医療機関を受診して治療をうけたほうがいいでしょう。

魚の目やタコはイボとは違います

イボと似た症状に魚の目やタコがあります。魚の目もタコも一部分に長期にわたり摩擦や圧迫などの刺激が加わることでできます。基本的には首や顔にできるものではないので、老人性イボと間違われるケースは少ないのですが、ウイルス性イボと勘違いしてしまうことは多いようです。ただ、魚の目もタコも自己処理をすると悪化させてしまう可能性があるので医療機関を受診した方が安心ですし、診察をしてみたら悪性だったというケースもあるので、いずれにしても医師に診せた方がいいでしょう。特に子供はイボができやすいので必ず受診をおすすめします。

まとめ

良性は放置しても見た目の問題だけで身体への影響はありません。しかし悪性は治療しないと完治は難しく、放置すると増加や肥大していきます。早期の治療で早く治すことができるので、気になったら病院へ行きましょう。