衣類の摩擦で首イボが出来るのは本当であり、洋服や下着などの肌への負担は大きいです。生地自体は着用をしても柔らかいので、普通に洋服を着るには問題がないとしても、皮膚の薄い部位には頻繁な摩擦がダメージにつながります。

肌にかさつきやかゆみを引き起こす衣類の摩擦

普段は問題なく着用をしている洋服ですが、衣類の摩擦は特に皮膚の薄い箇所には負担であり、皮膚にかゆみやかさつきを引き起こします。首などの皮膚が薄い場所にできるイボは良性であるため、疾患として問題にはなりませんが、見た目としては気になる症状です。洋服は素材を選ぶようにするのも大事であり、ゴワゴワやチクチクする素材は避けて、吸水性の高い素材を選ぶようにします。洋服の素材を意識するのとともに、ネックレスなどのアクセサリー類も、控えることは予防の一つです。少しでも衣類の摩擦の影響を受けないためにも、首にはクリームやローションを塗り、保湿をするようにします。

デリケートな皮膚の首には強い刺激を与えないこと

衣類の摩擦は首イボができる原因となるため、デリケートな皮膚には刺激を与えないことです。肌にまたく刺激を与えない生活は不可能でも、できるだけ首の肌に優しい環境を整えて、肌への不安を減らします。洋服の素材をできるだけ柔らかくて肌負担にならないものにするのとともに、体を洗うときにはむやみにゴシゴシと洗わないことです。ナイロン製のスポンジで強く洗ったり、石鹸をあまり泡立てないでこすりつけたりすると、肌には強い刺激になるので、負担のない洗い方をします。バスタイムで首を洗うときには、泡立てた石鹸で洗い、化粧水とクリームで保湿です。

首の肌への刺激を減らすために紫外線対策も

衣類の摩擦で首イボを招く原因になりますが、首へのあらゆる刺激はその要素を含んでいます。首にイボを作らないためにも、洋服の素材選びとともに日ごろから行いたいのが、首の紫外線対策です。日焼けをしないように顔にはUVカット成分配合の化粧品を使っていても、案外見落としやすいには首の日焼け対策であり、紫外線は光老化を招きます。紫外線は大変強い破壊力を持っており、紫外線を浴び続けることで肌は乾燥をして厚くなり、色素も濃くなる光老化が進行して結果的にできるのがイボです。首イボを作らないためにも衣類に気を付けながら、日焼け止めでのUVカット対策を行います。

まとめ

無意識に選んで着用をする衣類は、首への摩擦を起こしやすく、その負担は首イボの原因の一つになります。洋服の素材には種類があるため、できるだけ肌負担の少ない素材を選び、クリームなどで首にも保湿ケアをすることです。