30代にはいると首のまわりには小さなイボができはじめます。はじめは1、2個だったものが気づくと大量にできてしまっています。男女共にできますが良性の皮脂腫瘍なので心配はありませんが、擦れてしまうと違和感があります。

加齢とともにどんどん大量にできてくる

30代に入ると首のまわりに小さなイボができます。はじめは1、2個だったはずが、いつの間にか大量にできてきます。男女共にできる首のイボは男性の場合にはワイシャツの襟、女性の場合にはハイネックの洋服やアクセサリーで擦れてしまって違和感が出てきます。首にできるイボの原因は洋服などが擦れて刺激となってしまったり、紫外線のダメージです。年を取るとともにどんどん増えて大きくなりますが、良性の皮脂腫瘍なので心配はありません。ただし、イボの中でもウイルスで人に感染するものや皮膚がんなどもあるため注意が必要です。急に大きくなったり、大きさが7mm以上のもの、出血してしまったり、黒や茶色などの色がついたりするものは要注意です。

形成外科や皮膚科で取り除くことができる

首のイボは形成外科や皮膚科で取ってもらうことができます。治療するには症状によって保険適用になるか適用外になるか異なります。治療法によっては高額になる場合もあります。小さなものではハサミで取り除くことができます。痛みも出血も少なく、1回で切除でき傷跡も残りにくく保険が適用される治療法なので医療費もあまりかからずに治療することができます。ハサミで取り除くことができるならと自分で取り除くとばい菌が入る可能性があるため危険です。必ず病院で行います。大きめなものは局部麻酔を行ってから根元をメスで切る切除手術もあります。

原因を見極めてつくらない・増やさないケアを行う

首イボができやすい人の特徴は若いころから紫外線で肌ダメージを受けていた人です。年を取るとともにダメージが表面化してきてイボになってしまいます。個人差はありますが肌が強い人には現れにくかったり、気をつけていても出来てしまう人もいます。取り除くことができても、いままでと同じ生活をしていては再発してしまう可能性が高くなります。つくらない、増やさないためにも日常のケアが必要です。首まわりを擦らない・刺激しない洋服選びや下着の締め付けがないものを選びます。アクセサリーも極力つけないほうがおすすめです。ローションやクリームを使ってしっかりと保湿をします。顔のお手入れをするときにはしっかり首やデコルテまで一緒に行います。

まとめ

首にできる小さなイボができやすい人の原因として若い頃から紫外線の肌ダメージを多く受けていた人です。ほとんどの場合心配がないものですが違和感は出てきます。取り除くためには病院に行くことがおすすめです。これ以上増やさないためにも、作らないためにも日頃のケアが大切です。