イボは人目につきやすく、特に顔に出てしまうと男女問わずコンプレックスの原因となることが多いです。そのため対策を行うことが重要ですが、中にはどのようにして対策を行えば良いのかわからないという人も少なくありません。そのためまずはイボのできるメカニズム

なぜイボが顔にできるのかを知る

そもそもイボができる原因として知っておきたいのが、一言にイボと言っても様々な種類があるという点です。最もポピュラーなものが傷口にウイルスが侵入して発症する扁平疣贅と呼ばれるもので、顔にできるのもこれが主な原因とされています。また加齢によって発症する老人性疣贅と呼ばれるものもあり、基本的には良性ですが、中には悪性のものもあるため注意が必要です。その他にも様々な種類が存在しますが、どれにも共通するものとして、対処を誤ると痕になる事が挙げられます。その為むやみやたらに潰すのではなく、適切な対処を行うことが重要です。

どのようにして対処を行うべきか

基本的な対処として挙げられるのが、やはり薬による対処です。塗るタイプから貼るタイプまで様々な種類があり、自身のライフスタイルに合わせて選択できる魅力があります。しかしこの対処には落とし穴があり、イボの種類によって効果があるものからないものまで自身ではなかなか判別しづらいということがあります。そのため最も良い対策は、やはり病院で治療を行う事が挙げられます。ウイルスなど病的な理由が原因の場合は一般的な皮膚科などを受診することで、保険適用を受けて対処することができますが、ウイルスが原因でない場合は美容クリニックでの対処となり、全額自己負担となってしまうこともあります。

場合によっては美容整形も選択肢に

また前述の通り、ウイルスが原因でない場合は、美容目的としての対処となるため、保険診療の対象外となってしまうことがあります。そのため場合によっては高額な費用が必要となることがありますが、その分メリットとして次のようなものが挙げられます。まず何と言っても対処を行っても痕が残りにくいという点で、レーザー照射などで患部に直接処置を行うため、周りの皮膚を傷つけること無くイボを除去することが可能となります。またカウンセリングやアフターケアなどにより、肌の美しさを保つことも可能となるため、再度発生しづらい肌作りを行うこともできます。

まとめ

このように原因によってイボの治療を行う方法は様々です。忙しい時は市販薬に頼りがちですが、万が一誤った対策をして痕を残さないためにも、まずは皮膚科や美容クリニックなどを受診し、適切な対策を行うことをお勧めします。